피부성형 전문병원 세련피부과

Serion Clinic

  • Acne Pore scar

    acne

    pore

    acne scar

    scar/keloid

  • Dyschromatosis

    liver spots

    freckles / congenital nevus

    Café au lait macule / nevus of Ota(Ota spot)

    tattoo/leukoplakia

  • Dermoplasty
  • Anti-aging(wrinkles)
  • Esthetic Peeling
  • Laser
  • Alopecia. Epilation
  • Allergy / other

色素異常

ミルクコーヒー色の斑点(Café au lait macule)

皮膚の表皮に非正常的にメラニン細胞が増殖されて発生し、神経線維種症患者にあらわれる一般的な皮膚症状です。普通はミルクコーヒー色の斑点があるとしても神経線維種があらわれない場合が多いが、神経線維種症の場合には神経線維種が普通思春期以降の皮膚に発生します。ミルクコーヒー斑点は普通2~3歳から濃くなる場合が多いです。一般的に赤ちゃんの成長と比例して大きさも大きくなるのが特徴です。初めて発生してから時間が経ち追加発生したり既存の病変が濃くなることがあります。

ミルクコーヒー色の斑点の治療は色素レーザー、つまりキュースイッチレーザーを利用します。子供の場合、色素治療レーザー施術の痛さのため治療を延期する傾向がありますが、小さい頃治療するほど効果的です。皮膚科教科書にはレーザー施術結果を予測できないと記述されていますが、斑点は最初はなくなったようにみえてまた再発したりもします。だいたい3-5回以上の施術をする場合が多いが、様々な波長のレーザーを共に使用すると1-2回の施術でなくなることもあります。

オッター母斑(オッター斑点)

オッター母斑は主に傾いていて紫の斑点ができる疾患であり、同じ側の目にもあらわれることがあります。海水が深いほど青く見えるように色素をつくるメラニン細胞が皮膚のおく(真皮層)まで広がるので青色になります。たまに、20代以降に後天的にしみと混合されて顔の両側に発生することもあります。また、20代や30,40代で初めてあらわれることもありオッター母斑と思わない場合もあります。大人になってあらわれる際はだいたい顔の両側にあらわれて、色が薄くて小さい粒のようなものが目の下に集まっていて鼻の先にもよくあらわれます。幼い頃あらわれた場合、色がより青くてだいたい大きくて顔の片方にあらわれます。

治療

レーザー:オッター母斑は真皮の奥に色素細胞があるので皮膚の奥までレーザーを浸透しなければならなく、表皮、つまり、正常皮膚には損傷を与えないようにするためにキュースイッチエンディヤクレーザーをよく使用します。1-2ヶ月に1度くらい実施できて3-5回程度で効果が得られます。

その他の先天性母斑

表皮母斑、ベコ母斑、皮脂腺母斑
서울시 강남구 논현동 241-1 강남파라곤 S동 201호 TEL : 02-515-5158/02-7575-540   e-mail : webmaster@serionskin.com